物流現場の進化がすごい❗

こんにちは、こにゅうどうです。

ご覧になられた方も見えるでしょうが、

先日、テレビ番組で物流現場の

システム化が紹介されていました。

倉庫作業で注文書に従って、

指定された商品を商品棚から

取ってくる作業をピッキングと

言いますが、多くの物流現場では

この作業には沢山の人員が

必要なのです。

人海戦術と言って良いほどで、

大人数で一気に取りかかるのです。

しかし、人員確保が悩みのタネで、

人は体調を崩して突発的に休んだり、

疲労による作業効率の低下などで

現場はいつも人、時間との

戦いなのです。

この悩みも機械化により解決されて

行く傾向にあります。

ピッキングをロボットにさせれば

人の5倍以上の速度で

集めて来たり、

最終形はピッキング、検品、

棚に納める、出荷までもが、

ロボット化されて人では

太刀打ちできない速度で

終わられる事になります❗

現場にはロボットの管理者数名が

常駐するだけ❗

これは遠い未来の出来事ではなく

近未来の話です❗

実際、大手物流企業では

半自動化されております。

人はロボットの指示通りに動いて

検品、梱包を行うだけ。

この、映像を見たとき、

人がロボットの指示で

単純作業をしている姿を観て、

どちらがロボットなの?って、

思ってしまいました。

完全なる機械化になれば、

物流現場で従事していた単純作業者は

職を失うでしょう❗

人と違いロボットは、

ダルい、体調が悪い、給料が安い、

休みがないだの言わないので

企業としては人的な大きな悩みが

お金で解決されるのです❗

単純作業を好む人は、

どんどんと淘汰されていきます。

クリエイティブな人材が

好まれる時代へとシフトしている

過渡期です。

機械化が難しい職業は

まだまだありますが

時代が進むに連れてその職も

だんだんと減っていきます。

一つ言えるのは、

製造業、物流業は真っ先に淘汰され

そこに携わっているすごい数の

人が路頭に迷うでしょう❗

今のうちに、他のスキルをみにつけるか

出世してそこから抜け出すか、

職を失うかの3択だと思います。

ワクチン接種のキャンセルが相次いでいる❗

こんにちは、こにゅうどうです。

ワクチン接種のキャンセルの

連絡がTwitterに毎日多数

上がって来ますね❗

1回、2回目はキャンセル待ちを

待っているくらいだったのに、

ここに来て、キャンセルが

相次いでいるので、気の緩みが

見受けられますね❗

予め用意したワクチンも

キャンセルがあっても

他に希望者がいればいいのだが

いなければ破棄されるのだから、

とてももったいないです。

色々とキャンセルの理由はあると

思うけど、1度キャンセルした人は

次希望するときは有料に

すればいいのに❗

例外的に医師の診断書があり

やむを得ず行けない事を

証明できれば別ですが。

ワクチンは無料とは言え、

税金で賄っているので

いずれ我々に帰ってくるので

そんな簡単な事も分からず

安易にキャンセルしている人は

バカじゃないかな(笑)

もっと、節度ある行動を取って欲しい❗

ウクライナの避難民の受け入れで思うこと。

こんにちは、こにゅうどうです。

今回の避難民の受け入れについて、

沢山受け入れをすることは

日本にとってある

意味チャンスじゃないかと

おもいました。

どんなチャンスかと言うと、

こういう時期で不謹慎かも

知れませんが、

やる気のある人材を多く確保出来ると

言うことです。

やる気のある優れた人財を

沢山確保出来れば

やる気のない日本人の代わりに

なるんじゃないでしょうか❗

日本のGDPを上げる

キッカケですよね❗